2018年 11月 16日 (金)

江波杏子さん、三島由紀夫からも薫陶 「膝の上」に乗ったのを機に...

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2018年10月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなった江波杏子さん(享年76)は、あの「昭和の文豪」とも交流があった。

   戦前に東宝で活躍した映画女優の江波和子さんを母に持ち、東京・千駄ヶ谷で育った江波さんは、高校在学中の1959年に大映のニューフェイス・オーディションを受け、応募者2000人の中から合格を勝ち取り、「明日から大人」(1960年)でデビューした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「入ります」大流行も本人は「好きな役ではなかった」

   芸名である江波杏子は、5歳の時に亡くなった母親の芸名と室生犀星の新聞連載小説「杏っ子」に由来している。

   デビューからしばらくは助演が続いたが、1966年の「女の賭場」で映画出演58本目にして初めて主役の座をつかんだ。「昇り竜のお銀」を演じたシリーズは大ヒットし、1971年の「新女賭博師・壺ぐれ肌」まで、全17本が制作された。

   同シリーズで江波さんが賽を振る際に放つセリフ、「入ります」は当時、大流行したが、江波さんは生前、「好きな役ではなかった」と話していた。

   江波さんは映画女優にとどまらず、1960年代から70年代にかけてグラビアでも活躍するなど、活動の場を広げていった。

三島氏との「銀ブラ」エピソードも

   江波さんの芸能活動に大きな影響を与えたのは、昭和の文豪・三島由紀夫氏だった。

   大映の新人時代、三島氏が俳優として主演した映画「からっ風野郎」(1960年)に、江波さんはキャバレーの女給役で他の女優たちと出演。三島氏が女給を膝の上に乗せるシーンで、三島氏が女給役を演じる女優の中から選んだのが江波さんだった。

   江波さんは2017年6月24日放送の「サワコの朝」(TBS系)で当時の様子をこう振り返っている。

「乗ったんですけど。乗って、ライティングとかそういう時間がありますね。その間になんかちらっとお話ししたら、なんか、面白がっていただいて、そんな親しくなんかさせていただいたわけじゃないけど、面白がってもらって、色んなとこにお供させていただいたって感じですね。その当時は何だか分かんないけど。お宅にもうかがったり」

   これを機に三島氏との交流が始まったという。また、番組では三島氏と銀座を歩いた「銀ブラ」のエピソードも披露した。

   三島氏とのつながりで、著名な作家、芸術家らと交流を持ったという江波さんは「そういう(芸術家の)方々から色んなことを教わりましたよ。映画の見方とか、本の読み方であるとか、音楽の聴き方であるとか。その人たちのやってることを見て覚えた。本当にすごかった、面白かった」と当時を懐かしむように振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中