2019年 5月 24日 (金)

台湾脱線事故、製造元の日本企業が「設計ミスあった」発表

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   2018年10月21日に台湾・宜蘭県で起きた脱線事故を受けて、車両を供給した日本車両製造は11月1日、速度を制限する「列車自動制御保護システム」(ATP)に設計ミスがあったと発表した。各メディアが報じた。

   23日に運行する台湾鉄道から要請があり、調査の結果判明。事故を起こした「プユマ号」では、200人以上が死傷した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中