2019年 11月 12日 (火)

安田純平さん、会見後も次々テレビ出演 報道番組ハシゴで「身代金」「虐待」を語る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   シリアで解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)は、記者会見後もテレビ各局を精力的に回って、危険地域に入った自らの責任などに対して釈明した。

   結果的に身代金が支払われたのではとの疑問がネット上で噴出しているが、安田さんは、その疑問についても自らの考えを明かした。

  • 安田純平さんの生出演を伝える新聞のラテ欄
    安田純平さんの生出演を伝える新聞のラテ欄

「交渉の結果、帰すのであれば、虐待をする必要ない」

   安田さんは2018年11月2日、日本記者クラブで予定を1時間半上回る、実に2時間半にわたる会見を行ったのち、相次いで主要各局の取材に応じた。

   各局では、まず安田さんの健康を気遣う声が出て、安田さんは、体調はいいものの、運動不足で筋肉が落ちてやせたと明かした。

   テレビ朝日系報道番組「スーパーJチャンネル」に2日夕、生出演した安田さんは、インターネットを見たりして、帰国後3日間はほとんど寝られなかったとも告白した。

   40か月の間、日本の状況を知らなかったので、ネットを見ることから離れられないほど神経が高ぶっていたという。同時に、ネット上で続いていたバッシングからも、何らかの考えを持つようになったようだ。

   安田さんによると、犯行グループは、2016年の後半ぐらいから、「フリーダム」という言葉を使って安田さんを日本に帰すことを伝えてきた。ただ、スパイ行動を疑うなどして、寝たまま身体を動かせないような虐待もするようになったという。

   その間に、身代金についての交渉が行われていたかについて、安田さんは、「分からない」としながらも、「交渉の結果、帰すのであれば、そんな虐待をする必要ない」と疑問を呈した。

   そして、身代金の支払いについて、否定的な考えを述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中