2018年 11月 17日 (土)

ドラマ界に「リケダン」ブーム? 錦戸亮、高橋一生、向井理...イケメン主演相次ぐ

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   関ジャニ∞の錦戸亮さん(33)が2019年1月7日放送開始の月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)で主演することが2018年10月28日に発表された。錦戸さんが月9ドラマで主演するのは今回が初めてであり、視聴者の間では早速そのことが話題になっているが、その一方で、同作のタイトルそのものも話題になっている。

   それもそのはず。同ドラマのタイトルは、テレビ朝日のドラマ「科捜研の女」シリーズ(2018年10月時点でシーズン18が放送中)を彷彿させるものであり、実際、錦戸さんが演じるのは科学捜査研究所(科捜研)の研究員という役どころ。このため、情報解禁後からネット上では「タイトルに笑った!」などの好意的な反応が続々だが、ほかにも、「科捜研の女」に絡めて「リケジョならぬリケダンだね」などの声も上がっている。

  • 「リケダン」ブーム来るか?
    「リケダン」ブーム来るか?

高橋一生さんも「リケダン」役で話題沸騰中

   「リケダン」とは「リケジョ」(「理系女子」の略)と共に定着しつつある表現で、「理系男子」の略語として知られる。ネット掲示板などで進学相談が話題になっている際に見受けられるほか、近年では「リケダン」「リケジョ」という単語をタイトルに含んだ啓発本もあるほどだ。

   そんな「リケダン」だが、「科捜研の男」も含めて、ここ最近でドラマ・映画でブーム到来とも言える兆候を見せているのも事実。今季のドラマでいうと、「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)がそれに該当するだろう。

   同ドラマで主演する俳優の高橋一生さん(38)が演じるのは、大学で教鞭を執る動物行動学の講師。生物の研究に没頭し、身の回りのことに無頓着なほか、時に突拍子もない行動をとることも。しかし、その悪気のなさからか、周囲からは「変わり者」と認識されつつも愛されている様子が描かれている。

リアル「リケダン」向井理も

   また、2016年に放送されたドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)及び同作の映画版では、検体を舐めるだけで成分の分析が可能で、事件を科学的に解明していく主人公を、俳優の向井理さん(36)が熱演。なお、向井さんは明治大学の農学部生命科学科を卒業しており、公私併せての「リケダン」ぶりが話題となった。

   錦戸さんが演じる役がどのようなキャラとなるかは今後のリリースが待たれるが、これまでのほかのドラマでの「リケダン」同様、個性的なキャラなのか、それとも、普段の錦戸さんらしいクールなキャラとなるのか。どんな「リケダン」ぶりを見せるかに注目が集まる。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中