2019年 10月 22日 (火)

ソフトバンク、「下克上」で平成最後の日本一

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年11月3日、プロ野球・日本シリーズの第6戦が行われ、福岡ソフトバンクホークスが広島東洋カープを4勝1敗1分で下し、2年連続9度目の日本一に輝いた。

   ソフトバンクはパ・リーグ2位からの日本シリーズ進出で、パ・リーグが2ステージ制のプレーオフを導入した2004年以降、同球団がリーグ2位以下から日本一になるのは、球団史上初だ。

   シリーズMVPには、6連続盗塁阻止で日本一に貢献したソフトバンクの甲斐拓也捕手が選ばれた。育成ドラフト入団の選手では、シリーズ史上初の快挙だ。優秀選手には同球団の森唯斗投手、柳田悠岐外野手、中村晃内・外野手、敢闘賞には広島の鈴木誠也外野手が選ばれた。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中