2018年 11月 18日 (日)

三億円事件「真犯人の告白」まさかの書籍化 小説?ノンフィクション?出版社の見解は

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   三億円事件の「真犯人の告白」がネット上、それも小説投稿サイト「小説家になろう」で公開された――そんな触れ込みで、世間を驚かせた「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」。ネットメディア、雑誌も巻き込んで大きな話題を呼んだ作品が、なんと書籍として発売される。

   ところで、出版社としてはこの作品を「ノンフィクション」として売り出すのか、それとも「小説」として売り出すのか。版元のポプラ社に取材すると――。

  • Amazonの販売ページ。なお、カテゴリは「文芸作品」
    Amazonの販売ページ。なお、カテゴリは「文芸作品」

真贋めぐって議論盛り上がる

   1968年12月10日に発生した「三億円事件」は、日本を代表する未解決事件として知られる。その犯人「白田」氏による手記とされる「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」は、2018年8月8日から9月23日にかけ、小説投稿サイト「小説家になろう」に断続的に公開された。事件にも関わった親友や恋人との人間関係も交え、事件の「真相」を詳細に語る内容だ(現在は「なろう」からは削除されている)。

   ネット上でじわじわと話題が広がる中で、J-CASTニュースは10月2日、メディアとして初めてその存在を取り上げた。これを機に注目は加速度的に増し、複数のネットメディアが紹介したほか、「週刊ポスト」(10月26日号)のような雑誌も3ページにわたり特集を組んでいる。

   議論を呼んだのは、その「告白」の真贋だ。「ポスト」は、警察関係者や事件に詳しいノンフィクション作家などにも取材、視点のユニークさを評価する一方、細部の矛盾も指摘しており、全体としてはやや懐疑的なトーンだ。ネットメディア「BLOGOS」は「白田」氏へのメールインタビューを実施、やはりいくつかの疑問点を直接ツッコんでいる。

   一方、その迫真の語り口などから、ネットを中心に支持の声も根強い。

版元はポプラ社

   そのBLOGOS記事でも触れられているが、なんと本作、「続編」の執筆が進んでいるのみならず、書籍化も決まっているという。すでにAmazonでも商品ページが作られており、書名は変わらず『府中三億円事件を計画・実行したのは私です。』、発売日は12月7日、版元はポプラ社であることが明らかにされている。

   ポプラ社に対しメールを通じて取材を依頼したところ、11月6日に回答があった。

   これによると、ポプラ社が掲載元の「なろう」に対し、連絡を取ったのは10月3日。J-CASTの記事の翌日である。間もなく著者とコンタクトに成功し、9日に書籍の刊行の了解を取るという「速攻」ぶりだ。書籍化に向けて、改稿・加筆を含む編集作業を進めているとのことで、「続編」については現時点では扱いは不明だという。

   気になるのは、本作の扱いである。真犯人の告白=「ノンフィクション」としての出版になるのか、それとも――。J-CASTニュースでは、「貴社としては本作をどのような位置づけで出版なされるのでしょうか」と直球の質問をぶつけた。返答は、

「小説として刊行いたします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中