2018年 11月 20日 (火)

ガッキー「精神崩壊」に視聴者凍る けもなれ最新話に「まじこわい」「ホラー」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   女優の新垣結衣さん(30)が主演するドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第5話について、「戦慄のシーンがあった」と視聴者の間で話題だ。

   同作はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)を手がけた脚本家の野木亜紀子さんのオリジナル脚本のドラマで、ダブル主演をガッキーこと新垣さんと俳優の松田龍平さん(35)が務めている。2018年11月7日に放送された第5話では、新垣さん演じる主人公・深海晶が、恋人・京谷の家に居候を続ける元交際相手の元を訪れ、退去する意志はあるか否かを尋ねるなど物語が大きく動いたが、その一方で、主人公が仕事を淡々とこなすシーンの演出が視聴者の耳目を引いた。

  • 新垣結衣さん(2007年撮影)
    新垣結衣さん(2007年撮影)

2分間にわたり鼻歌が流れ続ける

   番組中盤では、晶が以前にも増して感情を押し殺して仕事に邁進する姿を描写。「表面的には」社会人として望ましいように振る舞う晶を描くシーンだったが、そのシーンにBGMとして挿入されたのが、新垣さんの鼻歌「幸せなら手をたたこう」だった。

   突然のリスケジューリングにも嫌な顔一つせず応じ、社長からは「理想の部下に近付いた」と評されるなど、「嫌がる」という感情を失ったかのような晶。淡々としたシーンに重ねられた新垣さんの鼻歌は、主人公のこれまた淡々とした表情と重なり、やや奇抜な演出であるにもかかわらず妙なフィット感を維持。新垣さんの鼻歌は晶の仕事シーンが終わるまでの2分半にわたってテレビから流れ続けた。

   この演出に対し、ネット上には「鼻歌まじこわい」「晶さんの鼻歌がホラー。ザワザワした」など、当該シーンに恐怖したとの書き込みがネット上に噴出。「晶が少しずつ少しずつ壊れていく」と、主人公の精神状態の危機を感じたとする意見のほか、「私も鼻歌歌いながら無感情に仕事してるときある」と、普段の自分の危うい行動に気付いたとする声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中