2018年 11月 19日 (月)

「イッテQ」文春砲! 宮川大輔インスタにはコメント次々...中身は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「週刊文春」2018年11月15日号に掲載された、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が存在しない海外の祭りを「でっちあげた」とする疑惑。首都圏などで同誌が発売される8日の13時には、日本テレビが番組サイドによる「企画」や「セットなどを設置」の事実はなかった、としつつ、誤解を招く表現があったとして「真摯に反省すべき点があった」とする内容の発表を行う事態となった。

   そんな中、その祭りに「参加」していたお笑い芸人の宮川大輔さん(46)のインスタグラムのコメント欄に激励が殺到している。

  • 宮川大輔さん(2016年撮影)
    宮川大輔さん(2016年撮影)

「ヤラセ疑惑なんて記事に負けないでください!」

   宮川さんは、週刊文春が指摘した放送回に出演。内容はラオスで開催された「橋祭り」なる祭りに参加し、橋に見立てた全長25メートルの細い板を宮川さんが自転車で渡り切れるか......というものだった。

   週刊文春の報道を受け、宮川さんのインスタグラムの最新の投稿のコメント欄には、宮川さんを心配するファンのコメントが次々と。

   「ヤラセ疑惑なんて記事に負けないでください!イッテQは日曜夜に欠かせない番組」と番組の宮川さんを励ましつつ番組の存続を訴える声のほか、「やらせであろうが無かろうが、宮川さんや村人さん達が、体張って頑張ってるのは事実です」と、ねぎらいの声をかけるファンも。「ヤラセでもいいじゃんって感じです」と、報道の真偽は関係ないとする意見も寄せられている。

   なお、少数ながら、「番組のやらせ疑惑がでましたが? 真相究明を」との声も寄せられている宮川さんのインスタ。実際に出演していた宮川さんも気になるところだろう。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中