2019年 10月 23日 (水)

「そんなに目くじら立てなくても」 「やらせ疑惑」イッテQを擁護する視聴者たち

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本テレビ系の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、やらせ疑惑が報じられ、公式サイト上に長い釈明文がアップされた。

   疑惑を否定しながらも、誤解を生む表現を認めた形だ。一方、ネット上では、番組のあり方をどうみるかで、議論になっている。

  • 報道への見解を載せた番組の公式サイト
    報道への見解を載せた番組の公式サイト

自転車で水上を渡る「橋祭り」が大流行としたが...

   番組の名物企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」では、2018年4月8日の放送で、ラオスで行われているとした「橋祭り」を取り上げた。水上に架けられた細長い板の上を自転車で渡っていくもので、東南アジアで大流行しているという。開催地域ごとにルールを定めているとし、今回は、吊るして回転させる4つの玉を障害物とした。

   年に一度の祭りで、当日は、街中の人が集まってきたと紹介。お笑い芸人の宮川大輔さん(46)が、参加者20人に交じって勝ち抜き戦を戦った。

   ところが、週刊文春の11月15日号では、現地の関係者らへの取材で、祭りは、日テレ側が提案して実現したもので、デッチ上げだったと指摘して、日テレ側の反論も紹介した。ネット上でも、大きな話題になっていたが、番組の公式サイトでは、8日になって日テレの情報・制作局長名で釈明文が掲載された。

   それによると、「橋祭り」は、現地の祭りを意訳して名前をつけたとし、次のように疑惑に反論した。

「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」

   現地コーディネート会社からの提案では、「東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催し」「ラオスでは村単位で開催されている」と説明を受けたとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中