2019年 10月 14日 (月)

デニー知事、フェイクニュースも「敗因」 「若い人たちの声、じかに聞いた」名護市長選で

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   沖縄県の玉城デニー知事が2018年11月9日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設反対を改めて訴えた。玉城氏が就任後都内で会見するのは、10月31日の日本記者クラブに続いて2回目。

   日本記者クラブでの会見では、18年2月の名護市長選で辺野古移設反対派の現職市長が敗れた一因は「フェイクニュース」にあったと主張した玉城氏。今回の会見では、その理由について詳しく説明した。

  • 日本外国特派員協会で会見する沖縄県の玉城デニー知事
    日本外国特派員協会で会見する沖縄県の玉城デニー知事

「市長が球場建て替え工事をしないから、日ハムは出て行ってしまったんだ」

   名護市長選では、辺野古移設反対を訴えていた無所属現職の稲嶺進氏(73)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=が、無所属新人で元市議の渡具知武豊氏(57)=自民、公明、維新推薦=に敗れている。玉城氏は日本記者クラブの会見で、結果について、

「いわゆるフェイクニュースによってゆがめられた情報で投票先を間違えてしまった方々もいたのではないかという結果になりましたが...」

と主張していた。

   今回の会見で玉城氏がフェイクニュースの「代表的なもの」として挙げたのが、日本ハムファイターズのキャンプをめぐる問題だ。

   日本ハムは1978年、投手陣のみで名護市での春季キャンプをスタート。81年から野手陣も加わって1軍キャンプ地として使用してきた。拠点の名護市営球場は老朽化が進み、改修工事が進んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中