2019年 10月 16日 (水)

米乱射、容疑者は元海兵隊 射撃兵として勤務

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米カリフォルニア州ロサンゼルスで2018年11月7日(現地時間)、郊外のバーに押し入った男が銃を乱射し12人を殺害した事件について、死亡した容疑者の男の身元が判明した。男は元海兵隊で沖縄にいた経験もある。日本時間9日、各メディアが報じた。

   犯行に及んだイアン・デービッド・ロング容疑者(28)は現場で自殺したと見られている。ロング容疑者は海兵隊では機関銃の射撃兵として務め、アフタガニスタンにも従軍していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中