2019年 12月 15日 (日)

謝罪は「ごあいさつと言いますか...」 安田純平さん、帰国後2回目の会見

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「皆さんのご批判をいただいて、今後に生かしていくために」

   安田さんは

「報道の仕事、ジャーナリストの仕事が政府であったり権力にコントロールされるものではない、という(質問した記者が指摘した)ことに全面的に賛成いたします」

とした上で、謝罪は今後のための「ごあいさつ」のような意味合いがあると説明した。

「今回、謝罪と言いますか、私自身の行動に、いくつかのミスがあったことは間違いないので、この点について皆さんのご批判をいただいて、今後に生かしていくために、まず、ごあいさつと言いますか、ご批判をいただくにあたって、お詫び申し上げますということを申し上げている」

   今後の活動については、「現場に行くかは白紙」だとしながらも、自身を拘束したグループが何者なのかが明らかになっていないため、「真相の究明は絶対必要」だとしている。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中