2020年 10月 24日 (土)

「インド」に翻弄されるスズキ株価 それでも未来は明るい?

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

「上方修正」でも売られた理由は

   通期の業績修正については、上方修正ではあった。営業利益は従来予想より100億円多い3500億円、純利益は従来より150億円多い2200億円。純利益については減益予想から前期実績2157億円を超える増益予想に転じた。しかし市場予想の平均(2481億円)に届かない修正だったことが失望売りを呼んだのだった。

   スズキもその辺りは意識していて、業績修正のニュースリリースで、7~9月期は4~6月期より「増収増益幅が縮小する減速決算」だったと、力強い上方修正ではない理由を説明している。

   2日の株価は取引開始直後から急落、一時前日終値比10.4%(587円)安の5056円まで売り込まれた。当日高値(5518円)が前日安値(5532円)を下回る「窓をあける下落」でもあったが、その乖離は14円にとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中