2019年 10月 19日 (土)

なぜスポーツ各紙は、稀勢の里を「引退危機」と報じないのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大相撲の横綱稀勢の里(田子ノ浦)が2018年11月12日、九州場所2日目結びの一番で前頭筆頭の妙義龍(境川)に寄り倒された。

   初日からの2連敗で引退の危機に立たされた稀勢の里だが、13日発売のスポーツ6紙はこぞって「休場危機」の見出しで報道。ネットでは「引退危機の間違いでは?」との指摘もあり、メディアの報道に疑問の声が上がっている。

  • 稀勢の里の休場危機を報じるスポーツ各紙
    稀勢の里の休場危機を報じるスポーツ各紙

進退に触れたのは2紙のみ

   妙義龍との一番は完敗だった。立ち合い、稀勢の里は左を差しにいったが妙義龍にこれを阻まれ、逆にもろ差しを許した。必死にまわしに手を伸ばしたが、これが届かず、土俵際、強引に小手を振ったところを寄り倒された。

   昨年春場所に横綱に昇進して以降、初日からの連敗は初めてで、通算14個の金星配給となった。

   この連敗が持つ意味は非常に大きい。8場所連続の休場明けとなった先場所は10勝5敗で引退の危機を回避した。今場所も引き続き進退がかかった場所と見られていたが、初日からの2連敗にもスポーツ紙の紙面に「引退」の二文字は見られなかった。

   以下がスポーツ6紙の13日付け大相撲紙面の見出しである。

   スポーツ報知「稀勢連敗 休場ピンチ」

   東京中日スポーツ「稀勢連敗 休場危機」

   日刊スポーツ「あ~っ 危機の里」

   サンケイスポーツ「稀勢 休場危機」

   スポーツニッポン「稀勢連敗 休場危機」

   デイリースポーツ「稀勢 連敗」

   これら6紙の稀勢の里に関する記事で、進退に触れているのはスポーツニッポンとデイリースポーツの2紙のみ。ただ、この2紙にいたっても、記事の終盤に「進退問題が浮上しかねない」(スポーツニッポン)、「進退問題が浮上することは必至となる」(デイリースポーツ)とわずかに触れているだけで、大筋は休場危機の論調である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中