2020年 9月 20日 (日)

イッテQ、イモトのクイズは番組へのメッセージ? 「偶然なのか」「復活して」

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   やらせ疑惑で揺れる人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」に、レギュラーのイモトアヤコさんからメッセージ――? 視聴者からそんな声が上がる場面があった。

   日本テレビの社長が会見で謝罪し頭を下げる事態に発展し、朝日・毎日両新聞の社説でも連日批判を受けるなか、イモトさんが海外ロケ先から出したクイズの「答え」に関して、ツイッターで「偶然なのか...」と不思議がる声も出ている。その回答は「忍耐」だった。番組に今必要なのは忍耐だ、という含意があるのでは、というわけだ。

  • 「イッテQ」レギュラーの宮川大輔さん(2016年撮影)
    「イッテQ」レギュラーの宮川大輔さん(2016年撮影)
  • 「イッテQ」レギュラーの宮川大輔さん(2016年撮影)

謝罪後始まった企画の中で...

   「イッテQ」は2018年11月18日の放送の冒頭、約1分15秒にわたり、文字画面と女性の声による読み上げで、一連の騒動について謝罪した。

「疑念を抱かせご心配をおかけする事態に至った」
「(問題となった祭り企画の一部で)開催実績や開催経緯などの説明に誤りがあった」

などと説明。文字画面は、文章が長いために分割され、最初の「番組をご覧のみなさまへ」の表示を含み計6画面が表示された。

   こうして始まった18日の放送の前半企画は、イモトアヤコさんによる「ワールドツアー」で、ロケ先は西アフリカのガーナだった。日本の偉人として名高く、黄熱病の研究で知られる野口英世博士(1876~1928年)が研究中に没したのが現在のガーナの地であることを紹介し、現地にある記念の日本庭園からクイズを出した。野口博士が成功の秘訣として挙げた3点があるとして、「目的 正直 ●」と3点目の言葉は何か、と問題を出した。

   回答者にレギュラーのNEWS手越祐也さんを指名。スタジオの手越さんは「平等!」と答えるも不正解。

   映像中のイモトさんは、正解の言葉「忍耐」が刻まれている石碑を紹介し、

「祐也にぜひとも教えたい言葉」
「あなたに贈りたかった言葉」

と続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中