2020年 9月 26日 (土)

「おうちに帰るまでがラブライブだと...」 Aqours公演に「DJ警備員」、神アナウンス連発で反響

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   メディアミックス企画「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優ユニット「Aqours(アクア)」による東京ドーム公演で、観客を巧みに誘導した「DJ警備員」の様子を伝える動画がツイッターに投稿され、反響を呼んでいる。

「皆さんが勇気を持って中に入るだけです。勇気はどこにあるんですか? 皆さんの胸の中にあるはずです」
  • メガホンで呼びかける「DJ警備員」(「firefly(ふぃる)」さんの動画から)
    メガホンで呼びかける「DJ警備員」(「firefly(ふぃる)」さんの動画から)
  • メガホンで呼びかける「DJ警備員」(「firefly(ふぃる)」さんの動画から)

曲名を7つも使って呼びかけ

   メガネをかけた若い男性警備員が、メガホンを持って、入場客らに必死にこう呼びかける。2018年11月18日は、ラブライバーと呼ばれるファンらでドーム入口付近が大混雑していた。

   警備員が口にしていたのは、アニメ第2期のエンディング曲の名前「勇気はどこに?君の胸に!」をもじったフレーズだ。

   2分強の投稿動画を見ると、このほかにもアニメのテーマ曲が次々呼びかけに使われている。

「未来は僕らが知っている、というぐらいにですね、しっかりとイメージしていただいて、皆さんのお手元のチケットこそまさに、MIRAI TICKETと思っていただいてですね、東京ドームの場内、まずは入口をとお迎え下さい」

   ここでは、第2期のオープニング曲「未来の僕らは知ってるよ」とアニメ挿入歌「MIRAI TICKET」が使われている。このほかにも、「皆さん、ダイスキだったらダイジョウブ!です」「MIRACLE WAVEを起こして中に注ぐお時間」などと入場を促し、動画内だけでも、少なくとも7曲は、アニメのテーマ曲が使われていた。

   公演を見た投稿主の「firefly(ふぃる)」さんはツイッター上で、DJポリスにあやかって「DJ警備員」と呼び、この警備員には「Aqours愛」を感じられたと感想を書いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中