2020年 9月 29日 (火)

桜田五輪相「能力に疑いは持っておりませんっ!」 サイバー知識めぐり「判断力は抜群」と断言

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   サイバーセキュリティ基本法改正案を担当する桜田義孝・五輪相が、自身がサイバーセキュリティを担当する事に不安の声が挙がっていることに対し、反論を展開した。

   自分ではパソコンを打たないと明言し、USBをめぐる国会答弁もかみ合わず、「(USBを)知らない」との指摘が出ていた。しかし、桜田大臣は国会で「判断力は私は抜群だと思っております」と断言し、サイバーセキュリティ分野の職務遂行に自信をみせた。

  • 11月21日の衆院内閣委員会で桜田大臣が、自身の「判断力」について答弁した(画像は衆院インターネット審議中継サイトより)
    11月21日の衆院内閣委員会で桜田大臣が、自身の「判断力」について答弁した(画像は衆院インターネット審議中継サイトより)
  • 11月21日の衆院内閣委員会で桜田大臣が、自身の「判断力」について答弁した(画像は衆院インターネット審議中継サイトより)

「今日もかみ合わない」答弁

   2018年11月21日の衆院内閣委員会では、斉木武志議員(国民民主)が質問に立った。14日の委員会で、桜田大臣とUSBをめぐるやりとりを展開した議員だ。

   14日の議論はかみ合わず、桜田大臣の答弁をめぐっては、国内外のメディアで「USBを理解していない」との報道が出た。海外メディアで驚いたり、茶化したりする記事が相次いだことは、J-CASTニュースも16日の配信記事(~桜田五輪相、PC出来なさすぎて海外で『大人気』に)で紹介した。

   そして今回、21日。斉木議員が、こうした海外報道の内容を指摘すると、桜田大臣は

「世界で私の名前が知られたのかな、と。良いか悪いかは別しまして、有名になったんだなと」

と満更でもなさそうな受け止め方を示した。

   この日も、桜田大臣がサイバーセキュリティ戦略を担当する資質について質したが、「今日もかみ合わない」「全く質問にお答え頂けない」(斉木議員)といった状況が続いた。

   桜田大臣は、サイバーセキュリティの取り組みは、優秀なスタッフを含めた「国家の総力を挙げた」ものであり、大臣一人が行うものではない、と何度も説明。斉木議員が「ある程度、(自身で)理解していないと、優秀なスタッフ・専門家に指示ができないのではないか」と疑問を呈したが、桜田大臣は

「出来ます!」

と一言だけ答弁し、席に座った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中