2019年 4月 19日 (金)

ドラえもん、36時間SP! なぜこんなに長く?テレ朝担当者が「冗談」交え回答

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   テレビ朝日はCS放送にて、2018年12月30日~31日にかけて「大みそかだよ!ドラえもん 歴代大みそかドカンと36時間一挙放送SP!!」放送する。

   「36時間」という異例の長さに、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより

「見たいけどキツイ笑」「未来にtrip出来る気がする」

   番組は「テレ朝チャンネル2」で12月30日朝4時~31日朝10時まで、「テレ朝チャンネル1」で31日朝10時~16時半まで、計36時間30分にわたって放送される。

   ツイッターでは、

「36時間ぶっ通しでドラえもんは見たいけどキツイ笑」
「大晦日にドラえもん36時間やるとか笑っちゃうww」
「36時間ドラえもん観てたら未来にtrip出来る気がする」

といった声があがっているほか、「気になりすぎるんですがハードディスクの容量が全く足りませんよ」という「嬉しい悲鳴」も見られた。

   地上波・CS放送ともに毎年恒例の「ドラえもん大みそかスペシャル」。ドラえもん好きにはたまらない企画だが、なぜこんなにも長くなったのか―――。J-CASTニュースが18年11月20日に番組担当者を取材したところ、

「これまでは年ごとに1話ずつとかの放送でしたが、今年は1980年の放送からできる限り減らさずに、ノーカットまではいきませんが、できるだけ多くのエピソードを出そうとしたら、こうなりました」

とのことだった。

   ちなみに昨年の大みそか特番(CS放送)は16時間30分。これでも十分長いと思われるが、担当者は「20時間長くなりましたね(笑)」と楽しそうに話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中