2019年 11月 13日 (水)

阪神ファン、2週続けてぬか喜び 補強めぐり情報錯そう

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   阪神の来季の選手補強に暗雲が立ち込めてきた。オリックスからFA権を行使した西勇輝投手が2018年11月28日、「阪神入団決意」と報じた一部スポーツ紙の報道を自身のブログで否定。阪神への入団自体を否定したわけではないが、ブログでは揺れ動く胸中を吐露し、所属先に関しては流動的な状況にある。

   先週11月21日にも補強に関して阪神ファンをぬか喜びさせる報道があった。米メディア「ジ・アスレチック」の名物コラムニストのケン・ローゼンタール氏が、ツイッターで「パドレスは三塁手、クリスチャン・ビヤヌエバを日本の阪神に売却する」と速報した。

  • 阪神タイガースの本拠地・甲子園球場
    阪神タイガースの本拠地・甲子園球場

ベストナイン、投打の記録表彰がないのは12球団で阪神だけ

   海の向こうからの速報に阪神ファンは沸き上がったが、その1時間後にローゼンタール氏がこの速報を訂正。「パドレスは三塁手クリスチャン・ビヤヌエバの権利を読売ジャイアンツに売却。阪神タイガースではありません」と、まさかの巨人入りを伝えた。

   補強に関する2週連続の「怪ニュース」にネットでは阪神ファンから失望とニュースの発信元への批判が殺到。西投手に関しては、まだ所属先が決まっていないが、ビヤヌエバ選手は宿敵・巨人に入団したとあって、阪神ファンの失望と怒りは相当なものだった。

   現時点で来季の補強が決まっているのは、ドラフト選手をのぞけば新外国人のピアース・ジョンソン投手(ジャイアンツ)だけ。ジョンソン投手は150キロの速球を武器とし、奪三振率が高く、球団はリリーフとして期待している。正式な契約はまだ結んでいないが、基本合意に達したとすでに発表している。

   FAでの補強に関しては野手の獲得を見送り、西投手一本に絞っている。今秋のドラフトでは、将来のセンターライン固定を見据えて1位で近本光司外野手(大阪ガス)を獲得し、遊撃手の小幡竜平内野手(延岡学園高)を2位で獲得。そして3位で遊撃手の木浪聖也内野手(Honda)を獲得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中