2020年 12月 1日 (火)

入管法めぐる社説、各社の温度差と「共通する論調」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

産経「『白紙委任』では、なし崩しに受け入れ」

   制度そのものに対する警戒感が最も強いとみられるのが、産経新聞だ。同社の社説にあたる「主張」では、

「与党や維新は、なぜ採決を急いだのか。極めて残念である」

と与党の対応を非難。法案に受入数の上限が書き込まれなかったことについて、

「『白紙委任』では、なし崩しに受け入れが進み、日本の総人口のかなりを外国人が占める状況も想定せざるを得ない」

と主張し、

「論点置き去りで突き進んでは、禍根を残すだけだ」

と結んだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中