2018年 12月 17日 (月)

M-1「本命」和牛はプレッシャーに勝てるか? ラリー遠田氏が分析

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2018年12月2日に生放送される「M-1グランプリ」(朝日放送・テレビ朝日系)。今年はすでに9組が決勝進出を決めているが(残る1組は敗者復活枠)、その中でも優勝候補の呼び声が高いのが「和牛」だ。

   和牛はこれまでに3回にわたってM-1に出場。1回目となる2015年は6位にランクインし、2回目となる16年は敗者復活枠ながら準優勝。3度目となる17年は通常枠で準優勝を獲得した。このため、和牛のファンからは「今年こそ!」との声も上がり始めているほか、マスコミなどからの注目度も高い。

  • 「和牛」の水田信二さん(左)と川西賢志郎さん(右)/(2018年撮影)
    「和牛」の水田信二さん(左)と川西賢志郎さん(右)/(2018年撮影)

優勝には「輸入牛(ヒレ)」への改名を?

   たとえば、M-1スポンサーの日清食品の動きだ。和牛が17年に準優勝した際には日清が新聞広告に和牛を起用。「2位も、おいしいぞ。」というメッセージと共に同社の商品「どん兵衛」の広告が掲載された(同広告は、同じくM-1スポンサーのファミリーマートと合同で掲載)。

   その流れを引き継いでか、今年も日清は和牛を猛プッシュ。11月16日にはどん兵衛の公式ツイッターで、歴代優勝者に「ミール系(食べ物にちなんだ名前)」の漫才師が多いことを指摘、しかも近年のチャンピオンは「ヘルシー傾向」が強まっているとして、

「和牛さん、「輸入牛(ヒレ)」への改名で、今年こそM-1グランプリ優勝です!」

という異例の提案を行う一幕が。もっとも、水田信二さんは「ご提案ありがとうございます。お断りします」と、やはりツイッターであっさり断っているが。

   「SmartFLASH」掲載の特集記事(29日公開)でも、「今年こそ優勝と周囲の期待も大きい」「実力はもちろん、若手芸人随一の集客力」と紹介。「本命」の見出しで取り上げるメディアも少なくない。

   このように悲願達成への期待が篤い和牛だが、今度こそ優勝を果たせるか。お笑い評論家のラリー遠田氏に話を聞いてみた。

硬軟合わさった絶妙さが和牛の面白さ

「優勝はあり得ると思います。和牛は今まで3回出ており、2回は準優勝。これまでにしっかりとした実績があり、実力も圧倒的。さらに、ボケの水田信二さんとツッコミの川西賢志郎さんは、それぞれのキャラを生かし切って漫才をしている点が強みです。水田さんは理屈っぽく頑固なキャラでボケて、川西さんがいなすようなツッコミで笑いを取ります。川西さんはコントで女役がうまかったりと柔らかさが魅力。硬軟合わさった絶妙さが和牛の面白さの神髄です」

   ただ気になるのは、「プレッシャー」の存在だ。今回4回目の決勝出場ということで、上記のように各界から「優勝」への期待は大きい。こうした空気がプレッシャーになるおそれはないのだろうか。

「多少はあるかもしれませんが、それが優勝するしないに影響することはないと思います。和牛の2人はメンタルはストイックであり、かつ動じない性格なので、リードしている状況であっても油断しないし、プレッシャーがあっても跳ね返すのではないでしょうか」

と分析した。

   一方、今回も決勝には、和牛以外にも腕自慢の芸人たちがそろっている。ラリー遠田氏の「読み」を聞いた。

「今年は非常に予想が難しいです。あえて変化球的なことを言えば、敗者復活戦から上がってきた人が、もしかしたら......というところです」

(J-CASTニュ-ス編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中