2019年 11月 20日 (水)

「行くならメジャーに...」 西武・秋山翔吾の来季にファン「不安」と「諦め」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   西武・秋山翔吾外野手(30)が2018年12月3日、球団と契約更改交渉を行い、球団から提示された新たな複数年契約に断りを入れた。

   来季が3年契約の最終年となる秋山は、このまま順調にいけば海外FA権を取得する見込みで、メジャー挑戦の可能性が一気に高まる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

18人がFA「流出」の西武

   年末の西武の「恒例」となりつつある光景がまたも繰り返された。この日、契約更改の交渉に臨んだ秋山は、球団が新たに提示した複数年契約を断り、従来の契約を選択。海外FA権取得の可能性がある来季については「新たな挑戦のシーズン」と表現した。

   今オフ、西武から浅村栄斗内野手(28)と炭谷銀仁朗捕手(31)がFA権を行使して移籍。複数球団による激しい争奪戦の末、浅村は楽天へ、炭谷は巨人にそれぞれ移籍した。1993年にFA制度が始まって以来、西武からFAで他球団に移籍した選手は12球団最多の18人となった。

   昨シーズンのオフの契約更改において、浅村と炭谷は球団から複数年契約を提示されたがこれを拒否している。秋山は契約更改後の会見で複数年契約を結ばなかった真意には一切触れなかったが、西武ファンの間からは早くも秋山の来季のFA移籍に不安と諦めの声が上がっている。

ファンが心配する「最悪のケース」

   今季、打率3割2分3厘、24本塁打、82打点をマークした秋山が来オフにFAを宣言すれば、日米での争奪戦となることは間違いない。メジャー志向の強い秋山だが、当然、国内の球団も候補になるだけにファンからは不安の声が。

   秋山が複数年契約を固辞したことについて、ネットでのファンの反応は、来オフのFA移籍を予測しつつ、メジャー移籍に限って言えば歓迎ムードにある。

   「来年FAするきマンマンですね。」「複数年契約を固辞したってことは来年FA宣言する気満々じゃん。」「出ていって欲しくわないが、メジャーなら応援したい!」「まぁメジャー挑戦なら仕方ない。頑張ってください。」「海外挑戦ならまだファンも納得できる。」

   一方で、毎年のように繰り広げられる西武のFA惨劇の歴史にファンからは悲壮な声が上がるとともに、秋山の今季年俸2億3500万円が安過ぎるとの指摘も。

   「最悪のケースは岸、浅村に続いてまたも楽天に引き抜かれることだろう」「他の球団に奪われるのはもう見たくない」「国内流出だけはマジメに勘弁してほしい!!」「2億3500万...やっぱライオンズは給料安い...」「涌井が調停した時に思ったけど、他球団と比べて西武は給料上がらないから単純に出て行きたくなるんでしょ。」

   今オフは浅村、炭谷の移籍に続いて、菊池雄星投手(27)がメジャー挑戦を表明。3人の主力を失う西武に、今オフ以降も心配の種は尽きない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中