2018年 12月 12日 (水)

山本一太氏、群馬知事選出馬へ ブログで振り返る「決意」までの日々

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党参院議員の山本一太氏(60)が2018年12月5日、19年夏に予定されている群馬県知事選挙に出馬する意向をブログで示した。近く、記者会見を開くとしている。

   現職の大沢正明知事(72)は当選3回。元自民県議で、07年の知事初当選時は自民の公認候補だった。前回15年の選挙でも自公からの推薦を受け、山本氏が応援している。もし大沢氏が出馬すれば「保守分裂」となるが、山本氏は1年ほど前から度々、「観測気球」を飛ばしていた。

  • ブログで立候補表明
    ブログで立候補表明

1年かけて「県知事待望論」を解説

   山本氏は1995年、父・山本富雄・元農水大臣の死去に伴い、群馬県選挙区から出馬。沖縄北方担当相などを歴任し、現在4期目だ。安倍晋三首相(自民党総裁)とも近く、2014年から党の総裁ネット戦略アドバイザーも務めている。

   山本氏は19年改選だが、「参院議員としての任期は、最後まで(責任を持って)努めさせていただくつもり」。これから党幹部や県連執行部、首相官邸にも意思を伝えに行くという。

「群馬県の未来のために、政治家・山本一太にしか出来ないことがある!自分がやるしかない!!」

   そう確信して決断に至ったという山本氏だが、かつては知事選出馬を否定し続けてきた。ブログをさかのぼると、06年5月15日に「自分は知事に転身するつもりはない。知事選挙に出る可能性は『マイナス500%』だ」、14年12月21日の投稿でも「これからも、(よほどのことがない限り)群馬選出の参院議員として全力を尽くすつもりだ」としていた。

   そうしたスタンスが変わり始めたのは、昨年夏ごろから。17年6月には「地元後援会代表者・選挙戦略会議で噴出した『山本一太県知事待望論』に答える!」と題して、支援者からのくら替え要請への返答を、約1週間で13回も投稿した。そこでは「現時点で2年後の知事選に出馬することは全く考えていません」としていたが、これを境に「待望論」に触れる機会が増えてきた。18年1月からは、続編として「その14」から「その17」を投稿。半年ほど空いて、7月16日の「その18」まで続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中