2019年 2月 18日 (月)

バスケ買春選手の復帰へ「署名活動」 批判殺到もクラブ「真正面から受け止める」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   バスケットボール男子代表の今村佳太選手が買春で1年間の出場資格停止となった問題で、所属クラブの新潟アルビレックスBBが早期復帰に向けた署名活動を開始した。

   SNS上ではファンから「良識を疑います」と疑問視する声が多数上がり、クラブの担当者は「真正面から受け止めています」と話す。

  • 新潟アルビレックスBBの公式サイトより
    新潟アルビレックスBBの公式サイトより

チーム一丸となっての署名呼びかけ

   騒動の発端は、インドネシア・ジャカルタでのアジア大会中に、今村選手ら日本代表4人が歓楽街を訪れて買春におよんだためだ。

   日本オリンピック委員会は2018年8月19日付で4選手の日本代表認定を取り消し。日本バスケットボール協会は8月29日、1年間の公式試合出場停止処分を科すと発表した。

   ファンの間で物議を醸しているのは、クラブが12月9日から始めた「署名活動」だ。発表によれば、今村選手は騒動以降、社会貢献活動や研修を積んでおり、また、クラブが加盟するBリーグの大河正明チェアマンから12月8日の試合のスピーチ時に温かい言葉が寄せられたとして、署名活動を決意。

「ブースター(編注:ファン)の皆様、後援会の皆様、各スポンサー企業様をはじめ、ご家族、ご友人、地域の方々等、1人でも多くの皆様よりご協力いただければ幸いに存じます」

と、クラブの社長、選手、スタッフ一同との署名入りで呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中