2019年 1月 19日 (土)

書類不備で返ってきた保険証のコピーや住民票が、他人のものだった...? 住信SBIで取り違え騒動→謝罪【追記あり】

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   「住信SBIネット銀行」で口座開設しようとしたところ、書類不備として、まったく知らない人の保険証のコピーや住民票が送り返されてきた――?

   あるユーザーがツイッターでこんな投稿をし、波紋を呼んでいる。

   「住信SBIネット銀行」は三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行。これは事実なのか、J-CASTニュースは2018年12月14日、住信SBIネット銀行を取材した。

  • 送られてきた書類。同右は第3者の保険証のコピー・住民票(本人提供)
    送られてきた書類。同右は第3者の保険証のコピー・住民票(本人提供)

全く別人の書類が...

   ユーザーによれば、口座開設をするために提出した書類が一部足りなかったとして、12月10日付で送り返されてきたという。しかし開けてみると、同封されていたのは全く別人の保険証のコピーおよび住民票、自分のものは入っていなかった。

   ユーザーは郵便物には13日に気づいたといい、14日11時36分ごろにお問い合わせフォームにメールアドレスを入れて送っている。その後届いた返信では、いつ電話での連絡が取れるかを確認されたという。

   J-CASTニュースが14日12時30分ごろに、住信SBIネット銀行の企画部担当者に事実確認したところ、

「調査中で、調査の結果事実であれば速やかに公表いたします」

との回答が得られた。当事者たちへの対応に関しては「個人に対する対応はお答えできない」とのことだ。

金融庁の監督指針によると...

   住信SBIネット銀行の公式サイトには「個人情報保護方針」が記載されており、情報は「お客さまの同意がある場合」以外は第三者提供をしないとのことだ。特定個人情報等においても、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律で定める場合」を除き、第三者への提供はされないという。なお金融庁が公開している「主要行等向けの総合的な監督指針」によれば、個人情報の管理に関して、以下のような記載がある。

「検査結果及び不祥事件等届出書等により、顧客等に関する情報管理態勢に問題があると認められる場合には、必要に応じ、法第 24 条に基づき報告を求め、重大な問題があると認められる場合には、法第 26 条に基づき業務改善命令を発出する等の対応を行うものとする」

(12月14日15時45分追記:記事の一部を修正し、以下を追記しました)

   住信SBIネット銀行は12月14日午後、「お客さまの情報漏えいのご報告とお詫び」と題した文章を公式サイトに掲載した。これによると、口座開設の手続きにおいて、Aさんに返却すべき健康保険証のコピー、住民票の写しをBさんに、Bさんの住民票の写しをAさんに誤送信してしまったという。漏えいした個人情報は住所、氏名、性別、生年月日。

   当事者らには、早急に事実関係の説明およびお詫びをする予定。ほかに同様の事態が発生していないかの確認を進めているが、現時点では確認されておらず、顧客からの申し出もないという。

   同行は「原因究明を速やかに行うとともに、個人情報の管理の徹底、及びチェック体制強化の対策を実施し再発防止に努めて参ります」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中