2020年 1月 29日 (水)

辻希美夫婦、赤ちゃんに「名命」? 第4子命名の色紙よく見ると...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タレントの辻希美さん(31)夫妻が、赤ちゃんの「命名」を当初「名命」と間違えて書いていた?――生まれたばかりの第4子(三男)の名前について、写真を付けてブログで発表した辻さんらに、ネット上でこんなツッコミが寄せられている。現在掲載の写真では、色紙様のものに正しく「命名」と書かれているが、当初の写真では「名命」と漢字の順番が逆になっていたとして、「証拠写真」だとする画像も出回っている。

   辻さんといえば、ささいな事でも「炎上」してしまうことでも知られ、本人もTV番組で「もう諦めてます」と達観ぶりを示すほど。今回の騒動は誤解なのか、それとも...。

  • 三男の「命名」を報告する辻希美さんのインスタより(画像は12月14日夕現在の表示)
    三男の「命名」を報告する辻希美さんのインスタより(画像は12月14日夕現在の表示)

夫の杉浦太陽さんも

   辻さんは2018年12月13日、自身のブログやインスタグラムで、8日に出産した三男について、「幸空(こあ)」と命名したと報告した。

   14日昼時点で確認した掲載写真では、愛くるしい幸空ちゃんの5カットを並べつつ、左上には色紙様のものが写っており、「命名 幸空」と書かれている。名前の漢字の右わきには「こあ」とひながらなで読み方の説明もある。インスタでは14日昼過ぎ現在、7万9000件を超える「いいね!」がついている。

   夫の杉浦太陽さん(37)も同様のブログとインスタを13日に更新しているが、載せている写真は異なっている。命名の色紙らしきものが左上に写っている点は同じだが、赤ちゃんカット数は辻さんの「5」に対し、杉浦さんでは「3」になっている。14日昼に確認すると、正しく「命名」と書かれている。

   ところが、ツイッターなどには、色紙様のものに書かれた文字が、正しい「命名」ではなく、逆の「名命」になっているバージョンの写真を添えて、夫妻のブログやインスタの「当初の写真」ではこうなっていた(間違っていた)と指摘する声が相次いだ。夫妻の掲載写真はそれぞれ異なるが、両方に対して「間違っていた(当初)バージョン」の画像が紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中