2019年 12月 14日 (土)

「新聞・雑誌」ゴミ箱が駅から消えた JR東の一部エリアで12月から、理由は...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   JR東日本の一部エリアで、ゴミ箱がリニューアルされた。

   従来は「新聞・雑誌」「ビン・缶」「ペットボトル」「その他のゴミ」の4区分だったが、「新聞・雑誌」が廃止された。

  • リニューアル後のゴミ箱/きみ_Licaさん(@kimi_lica)さん提供
    リニューアル後のゴミ箱/きみ_Licaさん(@kimi_lica)さん提供

スマホ全盛期の象徴?

   JR東日本の広報担当者は2018年12月14日、J-CASTニュースの取材に、12月から実施したと明かす。

   対象は、埼玉県大宮地区にある「南古谷」「指扇」「西大宮」「日進」「東大宮」「蓮田」「白岡」「新白岡」の8駅。広報担当者は「昔よりも新聞や雑誌を入れられる方が少なくなってきている」として、構内の一部ゴミ箱のリニューアルに踏み切った。

   これまで「新聞・雑誌」「ビン・缶、ペットボトル」「その他のゴミ」の3箱が連なっていたが、1箱減ってコンパクトになった。

   目撃者からは、SNS上で「時代を感じる」「確かにスマートフォン見る人が多いですね」といった感想が寄せられている。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中