2020年 9月 30日 (水)

プロ野球「年俸」報道の秘密 なぜ「※金額は推定」?いつから始まった?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2018年も残すところわずかとなった。この時期、プロ野球界で行われるのが、選手と球団による契約更改だ。

   シーズン終了を機に若手選手から行われるのが慣例で、主力選手は12月に入ってから球団と交渉するケースが多い。今月11日には、巨人の坂本勇人内野手(29)が契約更改を行い、年俸1億5000万円アップの5億円(金額は推定)でサインした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

他のスポーツではプロレスくらい

   プロ野球界では恒例となっている契約更改後の記者会見。ここで年俸などが「公開」されるわけだが、日本のプロスポーツ界において契約更改後に選手がこのような会見を行うのは、プロ野球とプロレスくらいで、他のプロスポーツにはあまり見られない光景だ。サッカーは、ほとんどが代理人を通じて契約更改が行われるため、選手が表立って出てくることは少ない。

   かつては小学生男子の「将来なりたい職業」ランキングで常にトップの座にあったプロ野球選手。一般のサラリーマンでは稼ぐことが不可能なほどの高額の年俸は、野球少年たちにとってひとつの憧れで、選手自身の側にもステータスだった時代もあった。

   個人情報の保護が叫ばれる今日において、プロ野球選手はいまだ年俸を一般に「公開」され続けるが、この慣習はいつごろから始まったものなのだろうか。

   個人事業主であるプロ野球選手は毎年、シーズン終了後に球団と契約更改に臨む。70年代初頭からすでに行われてきたものだが当初、新聞報道で選手の年俸が大々的に報じられることは少なかった。当時を知る運動部の元新聞記者によると、1974年あたりから一般紙でもプロ野球選手の契約更改が大きく報道され始めたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中