2020年 9月 19日 (土)

山本一郎氏VSカドカワ川上社長裁判 傍聴席を満員にしたのは...

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!
「空いている席に座っていただけますか?」

   係員からこう声をかけられたのは、被告側代理人の唐澤貴洋弁護士だった。

   傍聴席は立ち見NGだ。弁護士といえども、自身の裁判が始まるまで、どこかに座っていなくてはならない。ところが、一介の民事訴訟にもかかわらず、傍聴席はほぼ満員なのである。唐澤氏も困った様子だったが、結局金髪の男性の隣に腰を下ろした。この金髪の男性というのは、ITジャーナリストの津田大介氏である。

  • 東京地裁で第1回口頭弁論が開かれた
    東京地裁で第1回口頭弁論が開かれた
  • 東京地裁で第1回口頭弁論が開かれた

傍聴席には同業者が

   2018年12月17日、東京地裁。原告は作家・投資家の山本一郎氏。被告は、カドカワとその川上量生(のぶお)社長。そしてその被告側代理人に唐澤弁護士。

   裁判の詳細は、山本氏川上氏らのブログ、あるいはほかのサイトの記事を読んでほしい。ネット業界注目の裁判はこの日、第1回口頭弁論期日を迎えた。

   12時40分過ぎ。開廷30分前というのに、705号法廷の前には、すでに行列ができていた。傍聴を希望する人たちだ。その最後尾に加わると、まもなく別のネットニュースで働く、顔見知りの記者がやってきた。

「書くんですか?」

   いやあ、とにかく傍聴してみようかと――。そんな雑談をしているうちに、法廷の扉が開く。傍聴は早い者勝ちだ。あっという間に席は埋まっていく。

「J-CASTさんも来たんですね」

   もう一人、さらにほかのネットニュースの記者が顔を見せる。こんなに同業者が集まる裁判はなかなかあるまい。そんなことを考えているうち、今度は津田氏がやってきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中