2020年 12月 1日 (火)

「環境の許す限り、アイスホッケーを守っていきたい」 ライバル日本製紙が廃部、「王子イーグルス」オーナーの思いは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   アイスホッケー界に衝撃が走った。日本製紙は2018年12月19日、収益悪化のため、同社のアイスホッケー部「日本製紙クレインズ」を今季限りで廃部すると発表した。

   実業団アイスホッケーをめぐっては、同じ製紙業界の王子ホールディングス(HD)も社会人チーム「王子イーグルス」(本拠地:北海道苫小牧市)を持つ。SNS上ではファンから存続を危惧する声が多数寄せられている。

  • 王子イーグルス公式サイトより
    王子イーグルス公式サイトより
  • 王子イーグルス公式サイトより

「デジタル化」「ペーパーレス化」の余波

   日本製紙クレインズは、1949年に旧十条製紙が設立した。79年に日本リーグに加盟し、アジアリーグを4度制した強豪だ。

   日本製紙のチーム担当者は19日、J-CASTニュースの取材に「用紙事業が落ち込み続けていることもあり、断腸の思いで決断いたしました」と苦しい心境を吐露する。

   同社の2019年3月期中間決算(18年4~9月)では、売上高5255億円(前期比2.3%増)と増収だったが、純利益は60億円の赤字(前期は51億円の黒字)に落ち込んだ。デジタル化やペーパーレス化の波で新聞の発行部数減や印刷用紙の需要が低迷し、「紙事業」で苦戦したためだ。

   廃部発表のリリースでは、今後はパッケージやケミカルなど成長分野に経営資源をシフトすると明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中