2019年 1月 18日 (金)

よしもと芸人が「アートとお笑い」融合 松本人志が感心する「パラデル漫画」とは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   イラストと実写が入り交じったパラパラ漫画「パラデル漫画」がネットで話題になっている。2018年12月23日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で取り上げられたことがきっかけだ。

  • 松本人志さん(写真は2016年11月撮影)
    松本人志さん(写真は2016年11月撮影)
  • パラデル漫画のキャラクター「ぱらお」と「ぱらみ」(画像は本多修さんのツイッターから)
    パラデル漫画のキャラクター「ぱらお」と「ぱらみ」(画像は本多修さんのツイッターから)

イラスト制作から撮影、音響まで全工程を1人で手掛ける

   パラデル漫画を描いているのは、吉本興業に所属している芸歴12年目の芸人・本多修さん(35)。「パラパラ漫画から飛び出る」ことから名付けた。1枚1枚のイラスト制作から、イラスト部分と実写部分の撮影、漫画で使う音響までの全工程を1人で手掛けている。同番組のコメンテーターを務める、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(55)はパラデル漫画を手掛けているのが吉本興業の芸人であることに触れ、

「なんか最近、吉本こういう人増えてきたね。鉄拳もそうなんだけど、アートとお笑いが入り交じってきた感じがするよね」

と、しみじみ語っていた。

   「ワイドナショー」では、今回の放送のために本多さんが632枚のイラストを使い、2週間寝ずに取り組んで仕上げたオリジナルのパラデル漫画「松本さんの作り方」を公開。番組に出演するはずの松本さんの姿が見えず困っている番組司会の東野幸治さん(51)の頼みに応え、本多さんがパラデル漫画で松本さんを作ってスタジオに届ける、という内容だ。

   パラデル漫画の中で、本多さんは自身が創作したキャラクターの「ぱらお」と「ぱらみ」の手助けを借りつつ、粘土をベースに体を作ったり、ニンニクを鼻、ピンポン玉を目玉として顔に埋め込んだりしながら「松本さん」を作り上げていく。イラストと実写が切れ目なく繋がり、アニメのように進んでいく様子を見た松本さんは「いろんな技術、駆使しとんなあ」と感心していた。

「今僕、社員さんに『先生』って呼ばれてます」

   出来上がった「松本さん」がワイドナショーのスタジオに到着し、パラデル漫画が完結すると、スタジオは拍手喝采。番組司会の佐々木恭子アナウンサー(46)の紹介で本多さんが登場し、

「もとはお笑いコンビ『魂の巾着』として吉本の劇場に出てたんですが、仕事でミスして3か月謹慎になっちゃったんです。時間が空いたので、ちょっとツイッターでリツイートをめちゃくちゃ多く稼いでみたいなと...そこでパラパラ漫画を投稿してみたら、それまで20リツイートくらいだったのが、9万リツイートもされて」

と、パラパラ漫画をツイッターに投稿したことが始まりだったと明かした。東野さんからパラデル漫画の誕生経緯について尋ねられると、本多さんは「やってたらこっちの方が面白いなと。特に何かを参考したわけではない」と説明した。

   番組によると、パラデル漫画はSNSを中心に人気を集め、本多さんには企業・映画CMなどのオファーが殺到しているという。東野さんから「吉本興業も急に優しくなってきたでしょ?」と話を振られると本多さんは

「むちゃくちゃ優しくなりました! 全然違うんです。今僕、社員さんに『先生』って呼ばれてます」

と答え、笑いを誘っていた。

   松本さんは、本多さんがパラデル漫画について説明するツイートをリツイート(拡散)。番組終了後、本多さんも

「松本さんがRTしてくれたことでまたフォロワーの方がぐんぐん伸びてます。松本さん本当にありがとうございます!【パラデル漫画】がパラパラ漫画から飛び出るの造語なので色んな方に知って欲しいです」

と、「ぱらお」と「ぱらみ」のイラストつきでツイートした。リプライ(返信)欄には「ワイドナショー観て、感動しました!」、「色々新作期待してます」、「とても感動して、今までに見たことない作品でつい気になってフォローしました」と温かいコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中