2019年 10月 20日 (日)

米地裁、北に500億円賠償命令の判決 大学生死亡で

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北朝鮮で拘束され、2017年6月に解放された直後に死亡した米大学生のオットー・ワームビアさんの両親が提起した民事訴訟について、ワシントンの連邦地裁は18年12月24日、北朝鮮に5億100万ドル(約550億円)の損害賠償を命じる判決を下したと報じられた。

   ワームビアさんは15年12月に北朝鮮を訪問したが16年1月に当局に拘束され、17年6月に解放されて帰国した直後に死亡、拷問を受けた可能性が指摘されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中