2020年 9月 25日 (金)

なぜ、深夜の遊園地に「クロちゃん」見物客が殺到したのか その心理を分析する

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   2018年12月26日22時から放送された「水曜日のダウンタウンSP」(TBS系)のコーナー「モンスターハウス」の企画、「真・モンスターハウス」が翌27日未明に中止となった。

   深夜の「としまえん」(東京都練馬区)に、人々が殺到したことによるものだが、なぜ視聴者が大挙したのだろうか。J-CASTニュースは、心理の専門家に話を聞いてみた。

  • クロちゃん(2018年撮影)
    クロちゃん(2018年撮影)
  • クロちゃん(2018年撮影)

午前2時36分にイベント中止がツイートされる

   12月26日の番組では、「モンスターハウス」の最終回を放送。主役を務める「安田大サーカス」クロちゃん(42)が意中の女性出演者に告白すべく、クロちゃんに思いを寄せる女性出演者を振るなどのシーンが放送された後、番組は生放送に切り替わり、「としまえん」からの中継が始まった。中継の最中には、クロちゃんの番組中でのこれまでの行いをテーマに「許せる」「許せない」の2択で、データ放送のdボタンによる投票を実施。結果、95%の視聴者が「許せない」を選択し、罰ゲームとして「公開収監」を執行することとなった。

   番組終了後の27日午前0時過ぎから、同園で檻の中のクロちゃんの公開を開始。しかし、クロちゃんを一目見ようとする視聴者が大量に押し寄せたため、午前2時36分に同番組はツイッターでイベントの中止をアナウンスした。檻の周辺は大量の視聴者でごった返したほか、周辺道路が大渋滞を起こすなどしたため警察が出動する騒ぎとなったほか、27日正午のNHKニュースでは「大勢の若者など集まり中止に」との見出しで報じられた。

   人気番組の生放送で呼びかけられたイベントへの参加だけに多数の人が集まるのは当然だが、イベントの開始が午前0時過ぎと鉄道などの公共交通機関の営業終了間際の時間帯であるにもかかわらず、大量の人が押し寄せる結果となった。野次馬根性は当然として、ここまで多数の視聴者が殺到する結果となったのはなぜだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中