2019年 11月 21日 (木)

タッキーが「小さなジャニーさん」と呼ばれたワケ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「タッキー」こと滝沢秀明さんの芸能活動引退が刻一刻と迫っている。

   2019年以降は裏方となって、ジャニーズJr.(ジュニア)の育成に注力するという滝沢さんがこの決断を下した背景には、「親父」といえる存在であるジャニー喜多川氏のある一言があった。

  • 滝沢さんは12月31日に東京ドームで開催される「ジャニーズカウントダウン2018-2019」への出演をもって芸能活動を引退する (画像はイメージ)
    滝沢さんは12月31日に東京ドームで開催される「ジャニーズカウントダウン2018-2019」への出演をもって芸能活動を引退する (画像はイメージ)

「自分の親父なのかな」

   「ジャニーさんは、小さい頃学ばなきゃいけないことを一から教えてくれた人」「自分の親父なのかなっていう感じはありますね」――。

   滝沢さんは、2018年12月28日放送の「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS系)に出演し、自身の半生を振り返り、芸能活動引退を決断した理由を語った。

   幼少期に両親が離婚し、母に育てられてきた滝沢さん。両親の離婚後は「極貧生活」を送っていたとして、「ジャニーズとの出会いが僕の人生を180度変えた」と話した。ジュニア時代にはたびたびジャニー氏の自宅に招待され、ファミリーレストランで食事をともにした。こうしたふれあいの中で、礼儀やマナー、人との接し方を学んだという。

「他の人には言えないことがジャニーさんには言えるっていう安心感は多分みんなあったんじゃないかなと思います」

   思春期にはジャニー氏にいらだちをぶつけることもあったとして、「こっちが強く当たってもあっちが引くってことはよくありましたね」と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中