2019年 10月 17日 (木)

熊本で震度6弱 津波の心配なし、玄海・川内・伊方原発は運転継続

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年1月3日18時10分ごろ、熊本県の熊本地方の深さ10キロを震源とする地震が発生し、熊本で最大震度6弱を観測した。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定される。気象庁の発表によると、この地震による津波の心配はないという。

   福岡県筑後で震度4を観測したほか、佐賀県南部、長崎県島原半島、大分県西部、宮崎県北部で震度3など、九州の広い範囲と四国・中国地方で震度1~3を観測した。

  • 熊本地方で発生した地震情報。気象庁公式サイトから
    熊本地方で発生した地震情報。気象庁公式サイトから

九州新幹線で運転見合わせ

   18時30分ごろのNHKによれば、九州電力は玄海原発3・号機と川内原発1・2号機は運転中。今のところ影響はなく、運転を継続している。四国電力でも伊方原発3号機が運転中で、地震の影響はなく運転を継続している。

   JR九州では、地震の影響で停電が発生し、博多駅―新八代駅間の運転を見合わせた。

   NEXCO西日本管内の高速道路では、九州道の上下線・みやま柳川IC―熊本IC間で、地震による安全確認のため通行止めとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中