2019年 11月 13日 (水)

「アベノミクス最大の成功」訪日客増 「20年・4000万人」に向け今年は?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2018年は、訪日外国人旅行者が初めて3000万人を突破した年となった。

   安倍晋三政権は訪日客を2020年に4000万人、2030年に6000万人とする目標を掲げている。2019年はこの目標に向けての「ステップ」の年となるが、どこまで伸ばせるか。

  • 安倍晋三首相(2017年9月撮影)
    安倍晋三首相(2017年9月撮影)

「逆境」の中での増加に政権自信

   国土交通省が12月18日、「初の3000万人超え」を発表したことを受けて、安倍政権の鼻息は荒い。石井啓一国交相は同日の閣議後会見で「2019年にはラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピック・パラリンピックなどが予定されており、わが国の魅力が海外に発信される絶好のチャンスだ。こうした機会も最大限活用しつつ、新たな訪日需要を掘り起こしたい」と力を込めた。

   菅義偉官房長官も同日の会見で「政権発足前は836万人だった。今年は豪雨、地震、さらに台風、こうした自然災害があったにもかかわらず、史上初めて年間3000万人を突破したのは感慨深いものがある」とコメント。「これはまさに安倍政権が発足した中でビザ緩和、免税品の拡充、あるいは迎賓館をはじめとする公共施設の解放などを戦略的に行ってきた結果だ。2020年の4000万人の目標は射程圏に入ったと思っている」と、自画自賛してみせた。

   訪日客は安倍政権が中国を中心にビザ発給の条件を緩和したことなどから2013年に1000万人、2016年に2000万人を突破し、2017年は2869万人。2018年は3000万人の大台が目標だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中