2019年 1月 17日 (木)

香取慎吾初ブログ「黒いうさぎ」 絵心満点だけど超独特エピソード

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元SMAPの香取慎吾さん(41)が2019年元日に開設したブログが話題だ。これまでに投稿された6つのエントリーは、いずれも、香取さんの挿し絵に散文詩のような文章が添えられたもの。挿し絵はいずれもモノクロで、絵本のようなタッチで細部まで手を抜かずに描いているものが多い。

   それぞれの投稿には、「いつか絵本にしてほしいな」「こういう感じの文章、大好きです!」など、ファンからのコメントが多く寄せられている。中でも注目を集めているのは、最初に投稿された「黒いうさぎ」というタイトルのエントリーだ。

  • 香取慎吾さん(2017年撮影)
    香取慎吾さん(2017年撮影)

独特のリズムを漂わせる文体、真っ黒なうさぎのイラスト

   香取さんは元日に配信されたAbemaTVの番組「7.2 新しい別の窓 元日SP」で、アメブロ「SHINGO KATORI Official Blog 空想ファンテジー」の開始を発表。「僕のブログは基本的に本当のことは何も書きません」と語るなど、ブログの内容がファンタジー的になることを予告していた。

   初投稿で香取さんは、

「ボクはうさぎを飼っていない。買ってもないし、飼ってもいない。なのにうちには、うさぎがいる。きっといる。いや、いる。黒いうさぎが」
「部屋の隅で踊っていた。ノリノリ風に、モッさく、楽しげに。小さく楽しげに、小刻みに部屋の隅で踊っていた」

   と、独特のリズムを漂わせる文体で「黒いうさぎ」について表現。添えられているのは、他のエントリーに比べると漫画っぽく描かれた真っ黒なうさぎが二本足で立ち、ダンスをする様子を描いた絵だ。

   当該エントリーには、「ブログ始めてくれてありがとう!」「慎吾ちゃんの才能は本当にすごいです!」などの書き込みが2500本以上。評判はブログのコメント欄にとどまらずインターネット上でも拡散中だ。

2006年放送のテレビ番組でも語っていた

   一部のファンは、香取さんが「黒いうさぎ」について言及した2006年放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)での発言内容を思い出したようだ。この時、香取さんは得意の絵をフリップに描くことになり、直近2年ぐらいの間に「心の中に見えている」という「黒いうさぎ」の絵を披露した。

   香取さんは冗談交じりながらも、「(黒いウサギが)家にいたんです」「(ふと気付くと)ソファーの後ろから(こっちを)見ていたんです」と話した。司会のお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」上田晋也さん(48)が「これはプロファイリングですか?」と困惑しつつ、「寝ろ」と突っ込んでいた。

   今回の香取さんのブログ「黒いうさぎ」を改めて見ると、

「ソファーの裏からこっちをみてる。廊下の奥からこっちをみてる。いつもひょっこり、コッソリみてる。捕まえようとした事もあるが、なんともすばしっこくて、いつも逃げられる。」

   とあり、前述の香取さんの番組発言と符合する箇所が確かに存在する。ふたつのうさぎのイラストも似ている印象だ。ツイッターやネット掲示板にはごく少数ながら、ブログ内容を不思議がる声も上がった。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中