2019年 10月 21日 (月)

9歳の少女が囲碁のプロ棋士に 史上最年少

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本棋院は2019年1月5日に開いた記者会見で、大阪市此花区の仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)を、プロ棋士となる初段に内定したと発表した。プロ入りは4月1日付で、10歳0か月時点となる。藤沢里菜女流本因坊(20)が9年前にプロ入りした際の11歳6か月を抜き、史上最年少記録を更新する。

   仲邑さんは、世界を制する実力を備える棋士の採用と、囲碁の普及を目指して創設された制度「英才特別推薦棋士」の第1号となる。会見では「これからよろしくお願いします」とあいさつした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中