2019年 5月 23日 (木)

ゴーン前会長、無罪を主張 勾留理由開示手続き

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の特別背任事件で2019年1月8日、勾留理由開示手続きが東京地裁で開かれ、ゴーン前会長は無罪を主張した。18年12月21日、保釈の可能性があるとされるなか、日産自動車の資金を私的な投資に利用したとして、特別背任容疑で再逮捕されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中