2019年 1月 18日 (金)

志らく、1億円お年玉に苦言 「もっと粋な計らいがあっても...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   落語家の立川志らくさんが2019年1月8日、ツイッターで、ZOZOの前澤友作社長による総額1億円のお年玉キャンペーンについて苦言を呈した。

   キャンペーンは、ツイッターのリツイート数最高記録を更新するなど話題になっており、この日には100名の当選者が決定した。

  • 話題の前澤社長(18年10月)
    話題の前澤社長(18年10月)

師匠・談志の言葉が「胸に刺さる」

   この動きに対して、志らくさんは、

「悪い事ではないがもっと粋な計らいがあってもいい。当選した人は何割かを被災地に寄付する条件をつけるとか」
「自分の金なんだから何に使おうが勝手だという意見がちらほら。間違っていない。でもそういう考えが1番下品」

と、賛同できない姿勢を見せた。さらに志らくさんは、

「談志の言葉が胸に刺さる。お百姓さんに『米作りで得た金と株で儲けた金と札の色を変えるべきだ』と言った」

と、師匠である故・立川談志さんの言葉を振り返り、大金をばらまくかのようなキャンペーンにやや抵抗感を示した。

   一方、前澤社長は今日ツイッターで、

「第2弾やるなる?」(原文ママ)

と題し、早くも次のキャンペーンを見据えた投票を行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中