2019年 1月 16日 (水)

前澤1億円プレゼントを「リツイートしなかった人」 その理由は?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ZOZOの前澤友作社長による、ツイッターでの総額1億円(100万円×100人)プレゼント企画では、最終的に500万以上のユーザーがリツイートした。

   100万円が当たり、喜びを爆発させる人に注目が集まりがちだが、一方で冷ややかな目で前澤氏を見つめるTwitterユーザーもいた。そこでJ-CASTニュースでは、リツイートに消極的だった人々に話を聞いた。

  • 前澤友作社長(2018年10月9日撮影)
    前澤友作社長(2018年10月9日撮影)

「お金持ちの遊びをしているのが好きになれない」

   「一番の理由は前澤氏が、好きではないからですね」。あるユーザーはきっぱりと言い切った。「当たるわけないだろう。とWW」と皮肉を込める一方、「ただ私はほんとに庶民ですので正直100万円は欲しいとは思いましたWW」と本音を明かした。

   前澤氏は1月6日に「みんなが欲しいのはお金じゃなくて夢なんだなって思う」とツイートしていたが、このユーザーは「アホかと思ったんですよねWW」とばっさり。

「中にはほんとに誰かの為に使いたいと思ってる人もいるとは思いますけど...。前澤氏がTwitter利用してお金持ちの遊びをしているのがどうも好きになれないんですよね」

   別のユーザーは「前澤社長に興味全くない」と断言した。プレゼントの結果が出た後、ユーザーがフォローを外していくことについても、「バカらしい」と切り捨てる。

「興味ない人から大金欲しくないからですかね!!結局皆お金が欲しくて一時的にフォローするじゃないですか、なんかバカらしくてお金の為にフォローするんだ~みたいな!!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中