2019年 1月 16日 (水)

兼高かおるさん死去、90歳 戦後海外旅行ブームの火付け役

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

「私のだんなさまは『世界の旅』でした」

   「兼高かおる世界の旅」は放送界の海外旅行番組のはしりだった。最初の取材で羽田空港を出発したときはプロペラ機。派手な横断幕で見送られた。今のように現地コーディネーターなどおらず、取材、演出、語りなどを一人でこなした。兼高さんの「...ですのよ」という上品な語り口も魅力になってファンを広げた。ミス・ユニバース日本代表になったタレントの萬田久子さんや、俳優の神田正輝さんらも子どものころ、この番組で海外への夢をふくらませたという。

   64年に海外旅行が自由化し、70年にはジャンボ機が就航して本格的な海外旅行ブームの幕が開く。そうした中で、「すばらしい世界旅行」(日テレ、66~90年)、「なるほど!ザ・ワールド」(フジ、81~96年)、「世界ふしぎ発見!」(TBS、86年~)など多くの海外紀行型番組が続いた。最近ではBS放送でいくつもの旅番組が競い合うなど、テレビの必須コンテンツとなっている。

   番組が続いていたころ、兼高さんの生活の99パーセントは「世界の旅」で占められ、日本にいないことが多かった。帰国した時も、番組の準備や編集などの作業で追われた。番組が終わった時は62歳。後年、著書『わたくしが旅から学んだこと』(小学館)では、こう振り返っていた。

「私のだんなさまは『世界の旅』でした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中