2019年 12月 12日 (木)

武田真治の肉体に「恐怖すら感じる...」 加藤アナ引いた驚異のベンチプレス

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「みんなで筋肉体操」で話題の俳優、武田真治さんが2019年1月11日放送の「芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019 冬の陣」(フジテレビ系)で改めてマッチョぶりを見せつけた。

   18年にNHKの「みんなで筋肉体操」で再ブレイクし、紅白歌合戦へのゲスト出演も話題となった武田さん。芸能人が特技を競い合う今回の番組内で、ベンチプレス対決に出演した。

  • 「筋肉体操」の扮装で紅白歌合戦のステージに登場した武田さん(写真中央)
    「筋肉体操」の扮装で紅白歌合戦のステージに登場した武田さん(写真中央)

2位にダブルスコア超えの大楽勝

   序盤からゆっくりとバーベルを持ち上げていた武田さんだが、暫定1位の清原博弁護士の41回を難なく塗り替え、70回を超えてもなおペースは落ちず、笑顔すら見せる余裕ぶり。これにはゲストの高田延彦さんは「リズムが落ちてないもん!」と驚き、MCの加藤綾子アナに至っては「何で?」「恐怖すら感じる......」と引き気味。最終的に2位の41回に大差をつける109回を記録してTEPPENのグランプリを獲得。共に企画に挑戦した魔沙斗さんや、なかやまきんに君に比較しても「細マッチョ」な体型の武田さんだが、高田さんの「(ベンチプレスは)得意なほうじゃないでしょうね」という予測に反して大記録を樹立した。

   視聴者からも、

「1番体のライン細いのにスゴすぎる」
「もうなんかすごいの域を超えてて、現実とは思えなかった」

といった感想が噴出。「22年間自宅でベンチプレスのトレーニングを続けてきた」という経験に裏打ちされたパフォーマンスに驚かされていた。

   若かりしころは中性的な美青年として、当時はやった「フェミ男」の代表格とみなされた武田さんだが、「筋肉体操」の再ブレイク以来、すっかりマッチョな肉体派タレントというイメージが定着しつつある。もはや本人でも「本業が分からなくなってきた」というマルチな活躍ぶりは、19年も続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中