2019年 11月 23日 (土)

市原悦子さん死去82歳 「家政婦は見た」「まんが日本昔ばなし」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「家政婦が見た」や「まんが日本昔ばなし」で人気を集めた演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが2019年1月12日、心不全のため死去した。82歳だった。

   2016年末から体調を崩し休業、療養を続けていた。

  • 市原悦子さん(画像は所属事務所「ワンダー・プロダクション」ウェブサイトより)
    市原悦子さん(画像は所属事務所「ワンダー・プロダクション」ウェブサイトより)

「火曜サスペンス劇場」は常連

   1936年生まれ。千葉市出身。千葉高校を卒業後、俳優座養成所へ進んだ。57年、俳優座に入り、63年「三文オペラ」で新劇演劇賞、64年「ハムレット」でゴールデン・アロー賞新人賞を受賞し、新劇女優として地歩を固める。

   71年に俳優座退団後は、活躍の場をいちだんと広げた。75年にスタートした「まんが日本昔ばなし」の声役は特に好評で約20年続いた。すべての登場人物の声色を常田富士男さんと2人で自在に操り、最高視聴率は30パーセントを突破した。

   83年から始まった「家政婦は見た!」も大ヒット。約25年間も主役を続け、最大の当たり役となった。ギャラクシー賞など放送関係のいくつもの賞を受賞した。

   「燃えつきた地図」「青春の殺人者」「八つ墓村」など多数の映画にも出演し、90年、「黒い雨」の演技で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。

   テレビでは「弁護士高見沢響子」「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」などの2時間ドラマの主役のほか、「火曜サスペンス劇場」などの常連で、多くのドラマをこなし、庶民的なキャラクターと卓越した演技力でお茶の間に親しまれた。CMやナレーションの仕事も多かった。

   夫の舞台演出家、塩見哲さんは2014年に亡くなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中