2019年 2月 21日 (木)

ゴーン氏保釈再度認めず 拘留長期化

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   特別背任などの罪で追起訴された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について、東京地方裁判所は2019年1月22日、2回目の保釈請求に関しても却下する決定を下した。各メディアが報じた。

   保釈により証拠を隠滅する恐れがあると改めて判断したとみられる。ゴーン前会長は18年11月19日の最初の逮捕以来続いている拘留がさらに長期化することとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中