2019年 2月 20日 (水)

勤労統計不正、鈴木次官ら22人を処分

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   根本匠厚労相は2019年1月22日、「毎月勤労統計」の不適切調査を巡る問題で、鈴木俊彦事務次官ら22人に対して処分(元職員らの処分相当を含む)を発表した。

   鈴木次官は訓告処分。根本厚労相は自身の給与・賞与4か月分を返納する。特別監察委員会は同日に報告書を提出し、統計法違反に当たる手法があったと認定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中