2020年 10月 21日 (水)

大坂なおみ、次は「因縁対決」 相手が会見で言い放ったコト

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

「彼女はアンフォーストエラーが少ないので、ちょっと危険です」

   全米OP優勝後の凱旋試合となった東レパンパシフィックは、スポンサー主催のイベントで忙殺され、メディアの取材攻勢にもあった。大会後、大坂のコーチであるサーシャ・バイン氏は敗因について「ストレスがあった」と明かした。大坂自身、公言しているようにメンタル面の成長が今後の課題となるが、この日、大坂は準決勝へ向けて弱気の顔をのぞかせ、ネガティブな発言を繰り返した。

「(プリスコバとは)何度か対戦したことがあります。彼女との対戦は本当にタフです。彼女のサービスを読むのがやっとなので、私にとってとても難しいです。彼女はアンフォーストエラーが少ないので、ちょっと危険です」

   準々決勝後の両者の言動は対照的で、メンタル面ではプリスコバがやや優位か。大坂は準決勝で、どれだけいつもの攻撃的テニスを貫くことが出来るかがカギとなる。今大会の結果次第では、アジア初となる世界ランキング1位の座が見えてくる。注目の準決勝は24日午後に幕が開く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中