2020年 1月 28日 (火)

NYタイムズ、大坂なおみ「アニメCM」を批判 日清に取材すると「公開停止へ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「過剰反応だとしか思えない」との声も出ているが...

   同紙の記事によると、これに対し、日清食品の広報担当者は、大坂選手のキャラはテニプリのアニメに合わせて作られ、大坂選手側ともコミュニケーションを取ったと取材に説明した。そして、ホワイトウォッシュの意図はないとも強調した。

   しかし、多様性の問題への配慮が不十分だったとして、CMによって混乱を与え、不快な思いをさせたとして、取材への返答メールで謝罪したとしている。

   ニューヨーク・タイムズの報道については、ネット掲示板やツイッターなどでは、様々な意見が書き込まれている。

   「何で白くしたのか」「ツッコミ入れられるの分かりきってるのに」「なおみ選手の尊厳を傷つけている」などとCMへの批判の声も出た。その一方で、「日本のどこで批判起きてるんや」「過剰反応だとしか思えない」「白くても黒くても差別 どうしろと...」などと報道への疑問の声も相次いでいる。

   日清食品ホールディングスの広報部は1月23日、これまでの経緯を取材に説明した。

   それによると、CMは、大坂選手のマネジメントをしているIMGジャパンを通じ、大坂選手サイドにも確認したうえで、原画をもとにキャラのデザインを手がけた。ホワイトウォッシュの意図はなく、アニメの世界観をできる限り再現したという。

   ところが、米IMGの本社からは、IMGジャパンと企画が共有されていなかったと日清に連絡が入り、「CMの動画を削除してほしい」と依頼があった。このことについて、日清の内部で話し合い、CM動画が論議になっており、大坂選手のアスリート活動への支障になるなど、会社の方向性と異なる状況になったとの結論に至ったという。

   そのうえで、23日中にも動画2本の公開を停止することを明らかにした。そして、「今後も、多様性を尊重するスタンスを変えずに、慎重に検討して広告活動を進めていきます」としている。

   なお、大坂選手自身は、今回のことについて、ツイッター上では23日夕現在、何も発言していない。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中