2019年 7月 17日 (水)

「あおり運転」殺人罪適用 懲役16年

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   あおり運転により男性を死亡させたとして、殺人の罪に問われていた中村精寛被告に対し、大阪地裁堺支部は2019年1月25日、殺人罪を適用して懲役16年を言い渡した。

   18年7月、乗用車に乗った被告は大阪府堺市の路上にて、バイクに乗った当時大学生の男性を背後からあおり、追突して死亡させた。ドライブレコーダーに記録されている、衝突後に被告が発した「はい、終わり」という言葉などから、被告が故意に追突したと判断された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中