2019年 10月 18日 (金)

JR主要駅の構内放送、原則4か国語に 災害時の訪日客対策

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   菅義偉官房長官は2019年1月26日、国土交通省からJR各社に、災害時の駅構内放送を原則、10分おきに日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語で行うよう要請すると発表した。来週にも国交省が、新たなガイドラインを定める。

   菅官房長官は同日、東京駅や新大阪駅を視察し、避難時の外国人観光客への対応などについてJR側から説明を受けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中